Serta サータ

serta サータのベッド

Serta

アメリカで6年連続売り上げNo.1を誇る
品質と実績の“サータ”

サータはアメリカのベッドメーカーですが、日本ではドリームベッド株式会社がライセンス契約を結び、日本で販売されるサータ製品はすべて日本の工場で生産されています。そのため、日本人の住環境や体型に合わせて改良されておりより日本人好みの製品を開発しているブランドです。

“サータ”の特徴

ポケットコイル

コイルひとつひとつを包む袋を指します。ポケット(袋)は通気性が高く吸湿性のない繊維集合体を使用しているので、マットレスの内部の放湿性に優れ、マットレスをいつも快適な状態に保っています。コイルひとつひとつを包む袋を指します。ポケット(袋)はマットレスの内部の放湿性に優れ、マットレスをいつも快適な状態に保っています。

ポケットコイル

業界初 安全性を標準装備したファイヤーブロッカー

2006年3月15日、アメリカ全土にて規制された、マットレスの火災に対する安全性基準(家具設備等における)【防災基準/CFR-1633】をクリアーした難燃仕様のマットレスです。SERTA JAPAN(サータジャパン)としても、これまでの高品質に加え、【安全性】を標準装備しました。

ファイヤーブロッカー

2006年3月15日、アメリカ全土にて規制された、マットレスの火災に対する安全性基準(家具設備等における)【防災基準/CFR-1633】をクリアーした難燃仕様のマットレスです。

Serta燃焼試験01

点火前

Serta燃焼試験02

30秒後

Serta燃焼試験03

90秒後

30分後

独自のキルティングパターン「ジャンプキルト」

サータのピローソフトがひと目見て他のマットレスと違いを感じるのが、独自のキルティングパターン「ジャンプキルト」(表面層)です。 サータが採用する「ジャンプキルト」は、一般的な連続キルトと異なり、体を包み込むような抱擁感を実現するため、不連続のキルティング方式を採用しています。 連続キルトは、圧力がかかった時にその周りも引っ張られる感じがありますが、サータのジャンプキルトはキルティングが連動していないため、圧力がかかった場所だけが沈み、表生地も余裕をもって体を包み、体圧分散性が連続したキルティングより15%向上(当社比)しています。

サータのキルトパターン

ヘルシーエアーレット

マットレスの側面には空気を抜くヘルシーエアーレットという孔を3列に設け、内部にこもりがちな湿気を寝返り時におこる微妙なサスペンションの上下動で呼吸するように放出します。

ヘルシーエアーレット

サータ公式ホームページをご覧ください

サータに関するより詳しい情報はサータ公式ホームページよりご覧いただけます。

ページ上部へ戻る