fbpx
ブログ

北欧家具の魅力と当店で購入可能な北欧家具ブランドをご紹介します

北欧家具の魅力と日本の北欧ブランドをご紹介します

北欧家具が人気です。

家具ROOMヨシダへ来店されるお客様でも北欧デザインを探される方がとても増えています。

「北欧家具 = カラフルでシンプル」

そんなイメージを持たれている方も多いと思いますが、北欧家具にも実は様々なデザインが存在します。

今日は、そんな北欧家具の魅力いついてご紹介したいと思います。

北欧家具とは?

北欧家具、または北欧デザインと呼ばれるインテリアは、デンマーク、スウェーデン、フィンランドなどスカンジナビア半島生まれのシンプルながらデザイン性に優れたスタイリッシュな家具のことを指します。

北欧と聞くと「カラフルで可愛いインテリア」をイメージされる方も多いと思いますが、北欧デザインが生まれた背景には北欧諸国ならではの理由があります。

夜が長い北欧諸国の冬。
夕方5時から翌朝9時頃まで外は暗い闇の中。ですから、自宅での生活はほとんどが暗い夜の中での暮らしとなります。

北欧家具の魅力と日本の北欧ブランドをご紹介します

そんな長い夜を少しでも楽しく暮らすために生まれたのが北欧デザインです。

家の中を明るく飾理し、家族での団欒を楽しむために生まれた北欧諸国ならではの工夫と言えます。そして森と湖に囲まれた豊かな北欧の自然。豊富な木材資源を活用し、木のナチュラルな風合いを生かした家具が北欧から数多く生まれました。

北欧家具というと日本ではIKEAが有名ですね。
IKEAはスウェーデン発祥のブランド。フィンランド雑貨はその可愛い色使いでキッチン用品などが女性に人気です。
そんな影響もあり、日本で北欧家具というとスウェーデンやフィンランドを思い浮かべる方が多いのですが、実は北欧家具の本場はデンマークなんです。
少し意外ですよね。

北欧が輩出した有名なデザイナーにはアルネ・ヤコブセンフィン・ユールハンス・ウェグナーなどが挙げられますが全てデンマーク出身のデザイナーです。デンマークは家具好きの方ならどこかで一度は目にしたことのある有名なプロダクトを数多く生み出しました。

↓デンマークのデザイナーによる作品

北欧家具の魅力と日本の北欧ブランドをご紹介します

日本における北欧デザイン

日本で北欧家具、または北欧デザインと呼ばれるものには2つのタイプがあります。

1つはシンプルながら遊び心ある色使いのデザイン。
明るい色彩が特徴で照明やインテリア、キッチン用品などが有名です。

もう一つは、過度な装飾を省いたシンプルながらもデザイン性に優れたモダン家具。中でもミッドセンチュリーと呼ばれる1950年前後に作られた家具デザインは、アンティーク感を残しながらも流行に左右されない時代を超えたデザインで、現在でも復刻版が作られています。

近年の北欧ブームでは特に後者のシンプルでモダンな家具のことを「北欧家具」と一般的に呼ぶケースが多くなっているように感じます。日本でも北欧デザインを取りれたモダンな家具が作られ人気を博しています。

次の項目では当店で取り扱いのある北欧デザインを気軽に楽しめる日本のブランドをご紹介します。

北欧家具「NOR」の魅力

NORは人気家具ブランドCRASHCRASH PROJECTが送り出した北欧家具ブランド。
1960~70年代の北欧ヴィンテージ家具から当時のテイストや構造などを丁寧に抽出し、色合いやデザインに懐かしさを残したオリジナル製品を企画しているブランドです。

伝統的な造りに拘りながらも現代のAV機器などの仕様用途に合わせたスペックを併せ持っていますので、機能性は現在の住環境に合わせながらもビンテージなテイストを楽しめる家具が揃っています。







北欧家具「NOWHERE LIKE HOME」の魅力

ノーウェアライクホームと読みます。
直訳すると「自分の家がいちばん!」といった感じでしょうか。

NOWHERE LIKE HOMEは、北欧家具の本場スカンジナビアデザインを取り入れた家具ブランド。ホームページでは「北欧のライフスタイルに共感し、スカンジナビアンデザインを取り入れながら 日本の住環境に合わせてデザインされたライフスタイルプロダクトのブランド」と紹介されています。

NOWHERE LIKE HOMEの特徴は何と言っても木の美しさを生かしたデザイン。
色や素材で飾らない分、その細やかで美しい曲線を生かしたデザインが引き立ちつい魅入ってしまうブランドです。









北欧家具にご興味がありましたら、ぜひ家具ROOMヨシダショールームへお立ち寄りください。

関連記事

ページ上部へ戻る