fbpx
ブログ

木製家具に使われる塗装の種類と特徴を解説します

木製家具に使われる塗装の種類

家具は使用される木材はもとより、塗装の種類によっても見た目に大きな違いが生まれるものです。

今回は木製家具に施される塗装の種類とそれぞれの特徴について解説したいと思います。

【関連記事】家具によく使われる木の種類6選&木の豆知識

木製家具に使われる塗料4種類

家具に利用される塗装には大きく分けて以下の4種類があります。

家具に使われる塗装4種類
  • 1.ウレタン樹脂塗装 (合成樹脂塗装)
  • 2.オイル塗装(オイルフィニッシュ)
  • 3.UV塗装
  • 4.ラッカー塗装

塗装の種類によっても家具の雰囲気は大きく変わります。
それぞれの特徴について見ていきましょう。

ウレタン樹脂塗装 (合成樹脂塗装)

正式名称は「ポリウレタン樹脂塗装」ですが一般的にウレタン塗装と呼ばれます。
プラスチック樹脂系のウレタン樹脂で家具の表面をコーティングする方法で、現在販売されている家具の5~6割はウレタン塗装だと思います。

ご家庭にあるダイニングテーブル。ツヤツヤしていませんか?それがウレタン塗装です。

ウレタン塗装された家具


コタツの天板や和室のテーブルなどにも多く使われています。水を弾き、汚れにも強く、水拭きできるのが特徴です。

ウレタン塗装の特徴
  • ・傷や汚れ、熱に強い
  • ・耐水性に優れている
  • ・メンテナンスが不要

すり傷や水汚れに強いためテーブル関係にはよく利用される塗装なのです。 最近はツヤを消したマットなウレタン塗装の家具が人気でよく売れています。

オイル塗装(オイルフィニッシュ・ワックス仕上げ)

環境に優しく体に無害な植物由来のオイルを主原料とした塗料を家具に染み込ませて表面を仕上げた塗装です。

荏胡麻油、亜麻仁油、ナッツ系の塗料がよく利用されます。またミツロウで仕上げたこだわりの家具などもあります。

オイル塗装された家具

ウレタン塗装と違い表面に硬い膜を作らないため、木目や色味にこだわった家具に利用される塗装です。

オイル塗装の特徴
  • ・しっとりと滑らかな仕上がり
  • ・木目や自然の色味が活かせる
  • ・自らメンテナンスをする事が出来る
  • ・環境に優しく、体に無害である

木の素材感を生かせる反面、表面をコーティングされていないので傷や汚れがつきやすいといったこともあります。オイル塗装の家具は定期的にオイル塗布が必要です。

また、ウレタン塗装と違って自分で傷を修復したり、メンテナンスして楽しむことができます。最近では学習机などでも木の素材感を生かした製品が多く出回っており、オイル塗装された家具も人気となっています。

UV塗装

UVとはウルトラヴァイオレットの略で、紫外線塗装のこと。正式名称は紫外線硬化塗料といいます。

女性にはおなじみのジェルネイル。爪の形に整形した樹脂に紫外線を当てることで固まりますが、UV塗装も同じ原理です。

硬化させた塗膜により家具をコーティングします。ウレタン樹脂よりも塗膜が硬く耐久性もあり、鏡のような透明感ある仕上がりになります。

UV塗装された家具

ただし硬い物や強い衝撃に弱く 表面がかけてしまうとメンテナンスが出来ない事もあります。

UV塗装の特徴
  • ・塗膜が硬く傷に強い
  • ・鏡のような透明感ある仕上がり
  • ・モダンでスタイリッシュなデザイン

一時期はUV塗装がとても流行しましたが、現在は少し落ちつきつつあります。 モダンでスタイリッシュなデザインなので好きな方には人気がある塗装です。

ラッカー塗装

古くから家具にも利用されてきた塗装方法で、ホームセンターなどで販売されているラッカースプレーと同じ塗装方法です。

ウレタンをシンナー等で薄めて作られています。ですから、塗膜は薄くなめらかでツヤツヤしすぎずに素材の雰囲気を残しながら仕上げることができます。

ラッカー塗装された家具

ラッカー塗装はウレタン塗装に比べ揮発性が高い為、日本で生産される家具には利用されなくなり、海外からの輸入品などに利用されているものがあります。

ラッカー塗装の特徴
  • ・自然に近い柔らかい仕上がり
  • ・ウレタン塗装よりも耐水性、耐熱性は低い
  • ・簡単に塗り直し(メンテナンス)ができる
  • ・ウレタンやオイル塗装に比べると揮発性が高い

オイル塗装よりは汚れや水に強いですが、テーブルなど水汚れが付きやすい家具の塗装には不向きです。

ラッカー塗装のテーブルを利用する場合にはオイル塗装同様にマットやコースターなど表面を守る工夫をする必要があります。 ラッカー塗装は塗り直しが出来る利点があります。表面の塗膜が禿がれてしまった場合には自ら塗り直すことができます。

まとめ

最近はデザイン性や価格を優先し家具を購入される方が増えていますが、家具を長く使う為にも塗装には注意を払う必要があります。

使用目的と塗装の特性を理解したうえで表面保護に注意しながら利用することで長い間良いコンディションを保つことができます。 もし「全く手間をかけたくない」といった場合にはウレタン塗装の家具をおすすめします。耐久性重視の家具では一番使いやすい塗装だと言えます。

オイル塗装は体に優しい無害の塗装で、環境にも優しい反面 必ずメンテナンスが必要になってきます。詳しいお話は下記ブログに掲載しております。

【関連記事】 ダイニングテーブルを選ぶ際に知っておきたい塗装の種類

家具をお探しの方、家具に興味を持たれましたら、ぜひ家具ROOMヨシダ ショールームへお気軽にご来店ください。
実際の材料・塗装を見ながら詳しくご説明させていただきます。

あなたがお探しの家具がきっと見つかると思います。

関連記事

ページ上部へ戻る